参拝を考えている方は行事や祭事の期間にお越しください

福山市で歴史ある神社として、様々なご利益はもちろん、行う行事や祭事も相まってパワースポットとの評価をいただいています。行事や祭事は一年を通じて行われており、それぞれの期間で祈りや願いを神へと捧げ、より良い毎日を過ごせるようにお手伝いしています。
自由に参加していただけるため、行事・祭事が開催されるタイミングでの参拝もおすすめです。福山市でもご利益の高い神社として多くの方に知られておりますので、ぜひお越しください。

年間行事

1月 睦月

・正月祈願(1月中)
・ミス三蔵稲荷撮影会(1月3日)

・月次祭(つきなみさい) (毎月1日)

2月 如月

・節分祭(2月3日)

3月 弥生

・初午祭(はつうまさい)
(3月、旧暦初午の日<日曜日に変更する場合あり>)

4月 卯月

5月 皐月

6月 水無月

・大祓祭(おおはらいさい)
(6月30日「日曜日に変更する場合あり」)

7月 文月

8月 葉月

9月 長月

10月 神無月

11月 霜月

・感謝祭(11月23日)

12月 師走

行事詳細

  • 1月 睦月

    2017/06/09

    ・正月祈願(1月中)
    商売繁盛・家内安全・交通安全・合格祈願・厄除祈願・職場安全等を行っています。
    昇殿の方には、お守り・絵馬・お供物(くもつ)を授与致します。
    会社など団体での祈願は、前もってのご予約をお願いいたします。
    ・ミス三蔵稲荷撮影会(1月3日)
    前年11月23日に開催された「ミス三蔵稲荷コンテスト」で選ばれた、“ミス三蔵稲荷”3名をモデルにして、撮影会を行います。
    最優秀賞(1名)には賞金1万円、優秀賞(2名)には賞金5千円を贈呈いたします。
    撮影会には、カメラマンとしてどなたでもご参加いただけます。
    ・厄除け祈願(特に1月~3月中)
    厄除けは当年(男性:数え年25才・42才、女性:数え年19才・33才)を本厄、その前年を前厄、後年を後厄といって、この3年間は神社に参り無病息災を祈願します。厄除け祈願は、正月明けから3月までの期間にする事をすることをお勧めします。

  • 2月 如月

    2017/06/09

     ・節分祭(2月3日)
    ごま木祈願…商売繁盛・家内安全・厄除け等の願い事を書いた、ごま木を焼き上げ、大願成就を祈ります。
    湯立神事(ゆたてしんじ)…大きな窯に湯を沸かし、祈祷をして、硬貨を投げ入れ、お祓いをし、その後、参拝者に、杓で硬貨をすくっていきます。その中で、商売をしている方は、すくえた金額によって、その年の商売の出来を占い、また一般の方は、すくい取った硬貨をお守り袋に納め、財布に入れて金運アップのお守りとして持ち帰っていただきます。
    ・厄除け祈願(特に1月~3月中)

  • 3月 弥月

    2017/06/09

    ・初午祭 はつうまさい(3月、旧暦初午の日<日曜日に変更する場合あり>)
    和同4年(711)旧暦2月初の午の日に、伏見のお山にお稲荷さんが祀られた。簡単に言うなれば、創立記念日です。
    お稲荷さんは衣食住の神様で、私達の命の根源である五穀の豊穣を祈る祭です。
    ・厄除け祈願(特に1月~3月中)

  • 6月 水無月

    2017/06/09

     ・大祓祭 おおはらいさい(6月30日「日曜日に変更する場合あり」)
    人形(ひとがた)に住所・氏名・年齢を書き、額をこすり息を吹きかけて神社に参り、「茅の輪」をくぐり、その人形を納めます。
    一年の前半の罪・穢れを祓い、後半を健康で無事過ごすための祭です。

  • 11月 露月

    2017/06/09

    ・感謝祭 (11月23日(祝)9時~16時)
    この祭は新嘗祭(にいなめさい)ともいい、収穫と勤労を神に感謝するものです。春に五穀豊穣を祈り、秋には収穫された物を神前にお供えし、神に感謝の誠を捧げます。この日から新米を食べるのが古くからの習わしでした。

    【感謝祭スケジュール】
    ・献茶式 9時30分  
    ・祭典  10時~
    ・お茶席 10時~15時
    ・福引き   10時~16時
    ・ミス三蔵稲荷コンテスト 13時~16時
    ・ビンゴゲーム 14時30分~